第13回 言葉の限界(1)言語が同じでも言葉は通じない

このコンテンツは、私の解釈をもとに制作をしています。
【東洋哲学】言葉の限界
・体験として知るとは、どういうことなのか
・知識として知る事と体験として知ることの違い
・人から聴いただけでは、本当の意味で理解することは出来ない
・体験として知っているか知識として知っているかは、他人から判断できない
・体験としての知識を共有していないと、言葉が通じない

この記事へのコメント